霊園はどこが管理している?

更新日:

市立霊園 使用者募集 クエスチョン

墓地は大きく分けて、公営墓地(共同墓地も含む)、寺院墓地、民間霊園の3種類に分けられます。

墓地の種類は、管理主体が「どこ」になるのか?によって分類できます。寺院墓地は言葉のままで、お寺の境内にある墓地を指します。ですので、管理はお寺になります。お寺が檀家のために造成した墓地がほとんどです。近年では、墓檀家といって、お墓に関する供養のみ檀家になるという制度も増えつつあります。また、民間霊園は社団法人や財団法人が管理している墓地になります。自由度が高く、明るい霊園が多いです。ガーデニングや芝生墓地などといった現代風のお墓は、民間霊園に属すことがほとんどです。

市立霊園サイトの寺院墓地と民間霊園イメージガイド

では、公営墓地はどんな墓地なのでしょうか?

公営墓地は、都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地を指します。

市立の霊園墓地や地域の共同墓地は、こちらの公営墓地に分類されます。特徴としては、墓地の管理上、一番重要とされる永続性が、寺院墓地や民間霊園と比べても長けていることがまず挙げられます。永代使用料(一般的に墓地代と呼ばれる料金)や管理料が低めに設定されているところも多いです。そのようなことにより、地域によっては人気があり、抽選や空き待ちの方が多い場所がございます。公営墓地は宗旨宗派は一切問わないのも特徴で、どの宗教に属していても応募できます。これらが公営墓地が選ばれる要因といえます。

そもそも公営墓地でいいの

その一方で、「その自治体に住んでいること」や「現在、遺骨がある」等といった申込条件が設けられている公営墓地がほとんどです。申込条件にあてはまらない限り申込が出来ません。また、公営墓地の申込は、申込期限が決められていることがほとんどです。申込をされる場合は、必ず期限の確認をするようにしてください。

募集時期を知る方法

「仕事や家庭で忙しく、お墓のことは後回しになってしまう。」といった方に向け、ご希望の霊園の募集時期が近づくと、LINE登録していただいたお客様にメッセージ配信するサービスを行っています。募集開始後も役立つ情報をお届けしています。

詳しくはこちら

公営墓地以外の寺院墓地、民間霊園に関してもそれぞれ特徴があります。お骨の納め先として、どこが一番ふさわしいのか、を考えてご家族で相談し、墓所を決める必要があります。

そもそも市立霊園でいいの 家族写真

近年、言葉が定着化してきた「永代供養」を考えられる場合も、管理主体を確認して、特徴(メリット)を知ることから探されることをおすすめします。

お墓に関する知識

申込から墓地ご成約までの流れを紹介
墓地申込から使用開始までの流れ

大阪・神戸・堺市の市立霊園は、使用開始まで半年程かかる場合もございます。まずは希望する区画を選び、申込書類を記入し提出を行います。その後、霊園によっては応募者多数で抽選になる場合もございます。ここでは ...

Copyright© 大阪・兵庫の墓地を知るならボチシル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.